1989年当時を振り返り「発掘のかいがあった」と話す葛西さん=6月27日、青森市の小牧野遺跡
青森山田高校考古学研究会が中心となった調査で、環状列石が確認された1989年当時の小牧野遺跡

 今月中に世界文化遺産に登録される見通しとなっている「北海道・北東北の縄文遺跡群」。構成資産の一つで、大規模な環状列石で知られる小牧野遺跡(青森市野沢)は1989年、青森山田高校・考古学研究会が中心となって発掘した。当時の研究会関係者は「まさか世界遺産とは」「世界に向けて価値をPRしたい」などと喜びの声を上げ、正式登録を心待ちにしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。