【聖愛-弘前東】延長12回表、聖愛1死一、三塁、蝦名がスクイズを決め、6-5と勝ち越す
【大間-八学光星】1回裏、光星無死、近藤俊が右中間席に先頭打者本塁打を放ち、1-0と先制。捕手・岡本(大間)、投手・佐々木月(1)(同)

 第100回全国高校野球選手権青森大会は第7日の18日、弘前市のはるか夢球場で準々決勝2試合を行い、八学光星と聖愛が準決勝進出を決めた。八学光星は本塁打3本を放つなど大間を猛打で圧倒、投手2人も大間打線を無安打に抑え10-0の六回コールドで勝利を挙げた。聖愛は1点を追う九回、3番葛西の適時二塁打で5-5とし延長戦に持ち込むと、延長十二回、犠打や四球などを絡めて一挙6得点。11-5で弘前東を破った。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)