店のカウンターの前で、クラフトビールを手に笑顔を見せるギャレスさん

 青森市内で初めてとなるクラフトビールの醸造所が1日オープンした。「Be Easy Brewing」代表のギャレス・バーンズさん(36)=平川市=が、青森市安方1丁目の醸造所兼直営店「Aomori Brew Pub(アオモリブリューパブ)」で造ったビールの販売を同所で開始。ギャレスさんは地元の食材を使ったビールを今後売り出す計画で、「青森らしいビールの味わいを楽しんでほしい」と話す。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。