4月23日に三沢漁港の北東約22キロの沖合で発見された不発弾について、八戸海上保安部は1日、八戸港内で7日に水中爆破処理を行うと発表した。処理は海上自衛隊大湊警備隊の水中処分隊が実施する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から