八戸市議会は1日、2020年度に5会派と無所属1人に交付した政務活動費の収支報告書と領収書を公開した。市の新型コロナウイルス対策に充てるため、同年度の政活費は議員1人当たり月額8万円から4万円に50%削減したものの、執行率は85.44%で、市条例で全支出への領収書添付が義務付けられた08年度以降で最低となった。コロナ禍で視察が激減した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から