弘前市議会は1日、2020年度に議員に交付した政務活動費の収支報告書を公開した。交付金額825万円に対し、支出総額は346万2257円で、執行率は前年度より10.9ポイント低い42.0%だった。政活費は1人月額5万円だが、20年度は新型コロナウイルスの影響で視察などを見合わせたため、支給を半額にしており、支出総額は政活費制度が始まった15年度以降で最も少なかった。残額の478万7743円は市に返還した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から