仙台国税局は1日、相続税や贈与税の税額を算定する際の基準となる2021年分の路線価(1平方メートル当たり)を公表した。青森県内で最も高かったのは、青森税務署管内の青森市新町1丁目「新町通り」で、前年に比べ5千円(3.1%)低い15万5千円だった。弘前税務署管内の最高となる弘前市駅前3丁目「駅前商店街通り」は、前年の8万7千円から8万6千円と千円(1.1%)下落した。八戸税務署管内の最高は八戸市三日町「三日町通り」で前年と同じ10万5千円。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から