相川町長(右)から感謝状を贈られた山田さん(中)と妻園実さん(左)、娘の芽依ちゃん

 鶴田町地域おこし協力隊の山田俊さん(35)が6月30日で3年の任期を終えた。妻園実さん(32)と夫婦で移住しブドウ農家として経験を積みながら町のPRに努めた活動が評価され、相川正光町長から感謝状を贈られた。山田さんは町に定住してスチューベンの生産を続け、地域振興活動に取り組む。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から