メンバーと共に手作業で完成させた「うまさんペーパー」を掲げる3年の(左から)亀山さん、楢山さん、宍倉さん。右は原料のふんを提供(?)したサラブレッドのシベリアンホーク
ふんとパルプの混合物を網戸の上に敷いてすく。しっかり乾燥させて完成

 青森県十和田市の三本木農業高校動物科学科・馬学研究室の2、3年生15人が、学校で飼育する馬のふんを再利用した手作りの紙「うまさんペーパー」プロジェクトに取り組んでいる。馬に関係するものを再利用する研究課題の実践を兼ね、昨年から試行錯誤した末、試作品を完成させた。馬産地の歴史を持つ十和田市をアピールする、ユニークなアイテムとして将来の実用化・普及を目指す。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)