地区懇談会で集落の在り方を話し合う住民=2019年、すくすくしたまえ館(町提供)
集落支援員の取り組みをきっかけに定着した町特産物直売所「ピュア」の移動販売=4月、すくすくしたまえ館

 人口減少が進む中、持続可能な集落づくりを進めるため青森県中泊町は7月から、地域の困り事などを把握し解決につなげる「集落支援員」を増やす取り組みに着手する。集落の自治会長らに集落支援員との兼務を呼び掛け、地域が抱える課題を、行政に頼らずとも住民主体で解決に結び付けられる体制を整える。自治会長が集落支援員を兼務する試みは県内で初めて。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から