防衛省は30日、在日米海兵隊の普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属する輸送機MV22オスプレイ4機程度などが7月14~24日、三沢対地射爆撃場(青森県三沢市、六ケ所村)で、米軍単独の空中機動や着陸の訓練を実施すると発表した。機体は米軍三沢基地を拠点に展開し、基地で整備や燃料補給を実施。パイロットや整備員など海兵隊員約300人が三沢基地内に宿泊する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から