2020年度決算などを説明する増田社長

 日本原燃は29日、2020年度決算を発表した。売上高は1867億4700万円と前年度比約104億円の減収となった。売上原価は同約51億円減の1576億1300万円。売上高を事業別にみると、大部分を占める再処理事業が約1510億円、海外から返還されたガラス固化体を一時保管する管理事業約110億円、ウラン濃縮約144億円、低レベル放射性廃棄物の埋設処分約101億円。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から