ガマズミ商品を手にする佐瀧本店の佐藤雅之さん(左)と小野寺醸造元の出町郁子さん=三戸町の佐瀧本店
道の駅さんのへで販売されているガマズミ商品
タンクにガマズミの実を入れる小野寺醸造元の先代社長・故小野寺昭夫さん=2012年

 1901(明治34)年に創業した青森県三戸町のみそ・しょうゆの老舗、小野寺醸造元は、建物や機械の老朽化などから来春にも事業を終えることを決めた。会社はなくなっても、地元の山野植物「ガマズミ」の加工・販売事業は残したい-。引き継ぎ先を探す中、創業1886(明治19)年の同町の酒類卸売業・佐瀧本店が快諾した。2年前に亡くなった小野寺醸造元の先代社長が地域活性化を願い、長年情熱を燃やしてきたガマズミ事業。熱い思いが込められたバトンは近く、老舗から老舗へと受け継がれる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。