弘前市議会は29日、市監査委員に宮本隆志市議(櫻鳴会)を選任する市提出の人事案を否決した。監査委員3人のうち議会選出の1人を決める議案だったが、議会内のポストを巡る会派間の対立や、市長の議会対応への不満などを背景に、与党の櫻鳴会と共産党以外の議員が反対、退席した。桜田宏市長は同日の定例記者会見で「議員間のいざこざで否決され、非常に憤りを感じている」と強く批判した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から