青森県議会は定例会最終日の29日、正副議長選を行い、新議長に自民党会派の三橋一三議員(53)=つがる市区、当選5回、新副議長に同会派の蛯沢正勝議員(73)=上北郡区、当選3回=を選んだ。前任の森内之保留議長、櫛引ユキ子副議長が共に「一身上の都合」を理由に辞職したため。自民党は4年の任期途中での議長ポスト交代を慣例化しており、今回は2017年に引き続き2年での交代になった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から