一般の部大賞の原子えちさんのマスク
小学生以下の部大賞の須藤琴音さんのマスク
応募があったユニークさあふれる手作りマスク

 青森県田舎館村民が手作りしたマスクのデザインやユニークさなどを競うコンテスト「M-1(マスクナンバーワン)グランプリ2021」の入賞作品が決まり、最高賞のマスク大賞には一般の部は原子えちさん(82)の「ねぶたマスク」、小学生以下の部は須藤琴音さん(田舎館小5年)の「オーロラ」が輝いた。応募作品全34点の写真を、7月末まで村中央公民館で展示している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。