日本原燃の低レベル放射性廃棄物埋設センター=2018年

 原子力規制委員会の安全審査で事実上の「合格」が認められた日本原燃の低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)は、原発の運転や定期検査で発生した、放射能レベルの比較的低い廃棄物を最終処分する日本で唯一の施設だ。低レベル廃棄物の中には原発の廃炉に伴う放射能レベルの比較的高い廃棄物など、規制基準や処分計画、埋設地が決まっていないものもあり、原子力・核燃料サイクル政策上の課題となっている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から