以前とは打って変わって人影がまばらな宵宮=6日午後7時過ぎ、青森市の善知鳥神社

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、今年も青森県内各地の祭りやイベントが春、夏ともに次々と中止に追い込まれ、露天商の出店する機会が大幅に減った。2年連続での大減収は必至の状況に、「商売の場を」と露天商らは苦境を訴える。「宵宮はこれからが本番」と7月以降に一筋の望みをかけている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。