企業や大学が実施する新型コロナウイルスワクチンの職域接種について、国は25日午後5時、申請受け付けを一時打ち切った。青森県によると同日までに32事業所から34件、約7万8千人分の接種申請があり、うち8事業所、約2万3500人分が承認を受けた。県内では27日に予定している弘前大学と弘果弘前中央青果(ともに弘前市)が最初の職域接種になる見通し。県内の事業所は長期化するコロナ禍打破に向けた前進を期待する一方、今後のワクチン供給や職域接種の政府方針に対し不安ものぞかせた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。