十和田定例市議会最終日の25日の本会議で、市議会の「パワーハラスメント調査特別委」(百条委)を巡り、小笠原良子委員(副委員長)の解任を求める動議が出され、賛成多数で可決された。動議に強制力はなく、小笠原氏は最終的に辞任を拒否した。百条委は正副委員長がまとめる報告書の内容を巡り委員が対立しており、さらに混迷が深まる事態となった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から