青森県議会の森内之保留議長が24日、所属する自民党会派に、議長職を任期途中で辞する意向を伝えたことが関係者への取材で分かった。開会中の定例会最終日の29日に、櫛引ユキ子副議長と共に辞職し、議長選が行われる見通し。次期議長には三橋一三氏(つがる市区選出、5期)が選出されることが確実な情勢だ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から