ハイカラ豆しとぎ

 豆しとぎは県南地方で主に食べられている、米粉につぶした豆を混ぜてつくったお菓子で、枝豆を使ったお菓子「ずんだ」のような味がします。青豆を使った、薄緑色のものが一般的ですが、黒豆や茶豆を使ったものも美味しいです。「しとぎ」は「水に浸して柔らかくした生の米をついて粉にし、それを水でこねて丸めた食べ物」のことで、平安時代から食べられていたとも言われています。今回は手に入りやすい黒豆と、ドライフルーツやナッツを使っておしゃれなスイーツ風にしてみました。

( “Mame-shitogi” is a dessert made with mashed beans (mame) and rice flour and it has been traditionally eaten in the Southern part of Aomori. Its flavor is similar to “Zunda” sweets made with soy beans. In regards to the “mame” part, Mame-shitogi is usually made with green beans, but it is also flavorful with black beans or chamame beans. “Shitogi” refers to rounded rice cakes made from softened rice soaked in water. It is said that an origin of shitogi goes back to Heian period (794-1185). In this recipe, we are going to make modern and colorful Mame-shitogi using black beans and dried-fruits and nuts.)

ハイカラ豆しとぎ(Colorful Mame-shitogi (bean-cake))

材料(Ingredients)

 

・豆(乾燥)(緑大豆、黒豆、茶豆など)…100g

・米粉…50g

・ドライフルーツ(レーズン、いちじく、マンゴーetc)…30g

・ナッツ(くるみ、アーモンドなど)…30g

・さとう…30g

・100g Dried beans (black beans, green soybeans, chamame beans and etc.)

・50g   Rice flour

・30g   Dried fruits (raisins, figs, mangoes and etc.) 

・30g   Nuts (walnuts, almonds and etc.) 

・30g   Sugar

作り方(Directions)

 

1.浸す(Soak)
 豆は4時間以上水に浸してから、柔らかくなるまで煮ます。
(Soak dried beans in water for more than 4 hours. Then, boil them until soft.)

2.つぶす(Mash)
 フードプロセッサーで、ナッツやフルーツを細かくし、ザル上げして熱いままの豆を入れて荒くつぶします。

 

(Put nuts and dried fruits in a food processor. Drain water from the beans, mash them roughly while still hot adding the crushed nuts.)

3.混ぜる(Mix)
 米粉、砂糖を加えて混ぜます。
(Add rice flour and sugar to the dough and mix all the ingredients together.)

 

4.整える(Shape)
 お好みの形&大きさに整えて完成です。
(Shape the dough into your favorite shapes and sizes.)

 

今月のワンポイント

 

カリカリに表面焼いて/なぎさなおこさん
 県南地方ではおやつとして親しまれてきた「豆しとぎ」。冬は反射式のストーブの上でちょっと表面をカリカリに焼いて食べるのが大好きでした。そのまま食べることが多いですが、トースターやオーブンなどで少し焦げ目が付くくらい温めると、米粉がもっちりしてまた違う食感が楽しめます! 冷凍保存も1カ月ほど可能なので、夏は冷やして食べるのもいいですね!
(In the Southern part of Aomori, Mame-shitogi has been everyone’s favorite dessert! Especially, in winter, I used to love putting them on an old-fashioned heater and grilling their surfaces lightly until they get crispy. Or, some people like putting them in a toaster or oven and heating them up. With that process, texture of rice flour gets stickier. In summer when it’s hot, you can also enjoy them chilled! The dough can be stored in a freezer for about a month.)

 

郷土料理「どんな味?」/山内さん
 外国人に、見たことない、食べたことないものをおススメした場合に、“How is it?(どんな味がするのですか?)”と聞かれることがあります。質問に的確に答えられるよう、郷土料理は、味の表現も一緒に覚えるといいですね。今月ご紹介したハイカラ豆しとぎ、私も頂きました。“It was nutty and delicious(ナッツの味がして美味しかった)!”