野村町長(左)に目録を手渡す横濱社長

 青森県野辺地町のホタテ加工業「マルイチ横浜」は、昨年12月に67歳で亡くなった先代社長の願いをかなえようと、高規格救急車の購入費用として町に5400万円を寄付した。救急車は年度内に野辺地消防署へ配備される。父である先代社長の遺志を引き継いだ横濱充俊(みつとし)社長は「天国で先代社長も喜んでくれていると思う」と胸をなで下ろした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。