チラシを手に「ちょっとした買い物や通院などにタクシーを利用してもらえれば」と語る珍田副会長

 青森県タクシー協会(下山清司会長)は、新型コロナウイルス禍のあおりで需要が落ち込むタクシーの利用促進に向け、初乗り無料券や県産品が当たるプレゼントキャンペーンを25日から実施する。全県的なキャンペーンは初の試み。同協会は「県民の生活の足を守るとともに、地域経済の活性化につながれば」と期待を寄せている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。