八戸市教育委員会は7月1日から、家庭事情などにより生理用品を用意することが困難な女子児童・生徒のために、市立小中学校全66校の保健室で生理用品を無償提供する取り組みを始める。併せて保健室を窓口に、生理などについて相談しやすい環境づくりを目指す。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から