縄文土偶やこけしをイメージしたオブジェ
事業化奨励金を贈られた木村社長(左)。右は駒井支店長

 リンゴの木を使った木工品を手掛け、国内外で注目を集める青森県弘前市の木村木品製作所(木村崇之社長)が、新たに縄文土偶などをイメージしたインテリア小物を開発した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から