ジュノハートの収穫適期の判定方法などを学んだ研修会=南部町

 サクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」の高品質生産に向けた適期収穫・目ぞろい研修会が22日、南部町と五戸町の計3カ所で開かれた。合わせて約60人の生産者が参加し、収穫適期の判定方法や出荷規格に基づく選果方法を学んだ。県や生産者団体などでつくるブランド化推進協議会と普及促進研究会が主催した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から