全国の原発で発生した低レベル放射性廃棄物を埋設処分する日本原燃・低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)の安全審査で、原子力規制委員会は21日、事実上の合格証となる「審査書案」を23日の定例会合で審議することを明らかにした。審査書案が了承されれば、経済産業相への意見照会を経て「審査書」が決定され、正式合格となる。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から