中野さん(右)の講話に聞き入る参加者たち

 十和田市現代美術館が、同館の運営のサポートなどを担うボランティア「げんびサポーター」による常設作品のガイドツアー実施を目指している。来場者と同じ目線で作品の感想を気楽に言い合いながら、常設作品の魅力を伝える。17日に本年度1回目の勉強会を開き、サポーターら6人が参加し作品に関する知識などを学んだ。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から