中門の前で行われた落慶大法要=20日午前、青森市の青龍寺
中門に収められた四天王尊像の一体「増長天」

 昭和大仏で知られる青森市の青龍寺に中門(ちゅうもん)が完成し20日、同寺で落慶大法要式典が行われた。門内部に配置された四天王尊像もお披露目された。出席した信者ら200人以上が、約30年にわたる伽藍(がらん)整備事業の集大成となる中門の落成を祝った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。