建築家の隈研吾さん(右から2人目)を前に、アリーナの利活用のアイデアを発表する参加者ら=20日、青森市役所本庁舎

 青森市の青森操車場跡地に建設予定の体育施設(アリーナ)を巡り、整備運営事業を担う「青森ひと創りサポート株式会社」は20日、青森市役所本庁舎で、施設の利活用方法を考えるワークショップを開いた。小学生から大学生まで16人が参加。施設活用のアイデアを出し合い、設計に携わる建築家の隈研吾さん(66)と意見を交わした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。