7人制ラグビー日本代表の新ジャージー姿を披露する本村=19日(©JRFU)

 日本ラグビー協会は19日、東京五輪の7人制ラグビー日本代表内定選手男女各12人を発表した。このうち、男子では青森県八戸市出身でバックスの本村直樹(29)=八戸高-筑波大出、ホンダヒート=が選ばれた。本村は五輪初出場。青森県出身選手の東京五輪出場は、アーチェリー男子の古川高晴(36)=青森市出身、青森東高-近大出、近大職=に次いで2人目。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。