全国知事会にオンライン参加し、意見を述べる三村知事

 三村申吾知事は19日、青森県庁からオンライン参加した「全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部」で、中学生などを対象としたワクチン接種のガイドラインを、国が早期に示すよう要請した。県医師会から今月、副反応や、接種を希望しない人への差別、周囲に同調して接種することなどへの懸念が伝えられており、三村知事は「接種を受ける中学生などや保護者の考え、思いに寄り添った対応を」と求めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から