太宰の銅像前に花をささげる参加者=五所川原市の芦野公園

 作家太宰治の忌日である「桜桃忌」の19日、太宰の出身地で文学碑がある青森県五所川原市金木町の芦野公園で生誕112年「太宰講座・朗読会」が開かれた。地元の児童・生徒たちが読書感想文を披露、銅像に花をささげ、太宰への感謝と郷土に対する親しみの思いを新たにした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から