急ピッチでねぷた制作を進める弘高生たち=13日午前
木越さんが寄贈した「新編水滸画伝」の写し

 弘前の街にねぷたの季節到来を告げる、弘前高校の伝統行事「弘高ねぷた」。生徒たちの意気に感じ、東京の古典籍の研究者が一役買おうと、ねぷたの元絵となっている江戸時代の古典籍の写しのつづりを全クラス分、同校に寄贈した。生徒たちは感謝を胸に、18日の運行に向けて制作作業の真っ最中だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)