オンラインを通じて記者会見する池辺会長=18日

 青森県むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設を電力各社で共同利用する構想に関し、電気事業連合会の池辺和弘会長(九州電力社長)は18日のオンライン会見で「(地元の)懸念を解くための努力をしないといけない」と述べた。同日は電事連による地元説明から半年に当たり、池辺会長は、反発姿勢を崩さないむつ市が提示した懸念事項への回答について引き続き検討しているとした。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から