研修会を前に、練習キットで袋掛けの手順を確認する利用者=チョコわっとく

 農家の労働力不足などで減少傾向にある青森県産リンゴの有袋栽培。障害のある人が農業分野で活躍する「農福連携」によって有袋栽培を促進しようと、弘前市や農協などでつくる「ひろさき農業総合支援協議会」がモデル事業に取り組んでいる。18日、市内の障害福祉サービス事業所の利用者を対象に袋掛け作業の実技研修を行った。参加者の経験不足を補い、作業水準を向上させるため、事前に特製の練習キットを配布した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から