荷物棚の上には小説「津軽」の有名な場面をまとめた文章が展示されている
小説「津軽」を朗読する坂本さん

 青森県五所川原市出身の作家・太宰治にちなんだ「太宰列車2021」の運行が18日、同市と中泊町を結ぶ津軽鉄道で始まった。津鉄に乗務する「津軽半島観光アテンダント」が太宰の小説「津軽」の一部を朗読し、作品の魅力を乗客に紹介した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。