桃田賢斗(ゲッティ=共同)

 日本バドミントン協会は18日、東京五輪代表にシングルスの男子で世界ランキング1位の桃田賢斗、女子で2016年リオデジャネイロ五輪銅メダルの奥原希望ら13選手が決まったと発表した。リオ五輪を違法賭博問題で棒に振った桃田は初の五輪出場となる。

 女子の奥原と山口茜は2大会連続の代表。男子の常山幹太は初の代表入りとなった。

 ダブルスの女子は世界ランキング1位の福島由紀、広田彩花組と同2位で世界選手権2連覇中の永原和可那、松本麻佑組が初出場。男子は遠藤大由、渡辺勇大組と園田啓悟、嘉村健士組、混合は渡辺、東野有紗組が出る。遠藤は2大会連続、渡辺は2種目での出場。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む