2年越しで面に目が入れられた「暫」

 五所川原立佞武多(たちねぷた)の本年度の新作「暫(しばらく)」の面に墨を入れる「書き割り」が18日、青森県五所川原市の立佞武多の館で行われた。新型コロナウイルスのため昨年、制作が一時中断しており、2年越しで目が入れられ魂が吹き込まれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。