青森県オリジナル品種のジュノハートが実る園地で、一粒でも多く収穫できるよう祈願する関係者

 サクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」の主産地・南部町で18日、下旬から始まる収穫を前に町生産者部会(杉澤勝部会長)が豊穣(ほうじょう)祈願祭を開き、大粒の実がたくさん取れるよう祈った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。