青森県弘前市の弘果弘前中央青果は17日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を行うと発表した。従業員や市場関係者、関連会社を中心に最大で1日1200人に接種する。1回目を6月27日、2回目を7月25日に行う。

 同社やそのグループ会社など市場業務に関わる従業員らが対象で、休日に合わせて日程を設定した。午前9時から午後4時まで、グループ会社「弘前花き」を会場に行う。業務提携している医療機関の医師と産業医計2人と、打ち手を含めた看護師十数人が対応する。

 同社の担当者は「リンゴ収穫時期となる秋の繁忙期に向けて、業務が滞りなく進むよう(職域接種を)取り入れた。食料を安定供給できる体制を整えていきたい」と話した。