縄文土器作りを学ぶ参加者たち

 八戸市埋蔵文化財センター是川縄文館で、展示の解説や体験学習の指導を行う「是川縄文ボランティア」を養成する本年度の研修会が開かれている。参加者は6月末まで行われる計6回の講座を通じて、同市の是川遺跡や縄文文化の知識を深める。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から