11月16日の任期満了に伴う八戸市長選に、自民党八戸市支部長で同市区選出の県議熊谷雄一氏(58)が出馬の意欲を持っていることが17日、関係者の話で分かった。支援者らの意見や現職小林眞市長(71)の動向を見極めながら最終判断する見通し。過去4回の市長選で自民党の推薦を受けた小林氏は、次期市長選については「白紙」としており、現時点で出馬への意思を明らかにしていない。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から