手術室で治療のトレーニングを行うスタッフ=4月27日(弘大病院提供)

 弘前大学医学部付属病院は5月、日本循環器学会から、心臓病の「僧帽(そうぼう)弁閉鎖不全症」の患者にカテーテル治療を行う施設に青森県内で初めて認定された。東北地方で3番目。同19日に県内在住の高齢女性に初めて施術し、女性は同24日に退院した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から