青森県内では衆院選3小選挙区で自民党現職と野党元職、新人が激突する。新型コロナウイルス禍で政権与党への逆風が吹く中、自民党は比例代表を含め現職4人全員当選を必達目標に掲げる。一方の野党は、自民1強に風穴をあける好機とみて攻勢をかける構えだ。野党同士の競合区では、共闘の行方も注目される。(敬称略)

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から