揚陸支援船を接岸し、トラックを搭載する訓練

 海上自衛隊大湊地方総監部は12日、大規模災害を想定した災害派遣訓練を青森県むつ市の大湊基地などで行った。訓練は毎年行っており、今回は十勝沖を震源とする震度7の地震が発生したという想定。大湊地方隊や大湊システム通信隊など約1300人が実動訓練に参加した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)