青森県は12日、五所川原市の国道339号五所川原北バイパスの未開通区間1.5キロが18日に開通すると発表した。同市毘沙門の広域農道(通称・こめ米(まい)ロード)交差点と北側の同市金木町中柏木鎧石の新長富橋を結ぶ区間で、片側1車線。同区間の開通により、全長約4.8キロのバイパスが全線開通となる。午前10時から通行できる。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文と全ての掲載写真がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)