農林水産省は15日、豚熱(CSF)対策として、豚への予防ワクチン接種の推奨地域に青森県と岩手県を追加した。宮城県七ケ宿町で死んだ野生イノシシの豚熱感染が11日に確認されたことを受けた措置。2018年に国内で26年ぶりに岐阜で豚熱が確認されて以降、青森県が推奨地域になるのは初めて。推奨地域は両県を含め32都府県に拡大した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から