青森県八戸市は15日、新型コロナウイルスワクチンの職域接種を希望する市内の企業群や業界団体、協同組合を支援するため、近く市など関係機関で組織する「実行委員会」を設立し、本来企業が行う国への申請や医療従事者・会場確保といった業務を請け負う方針を明らかにした。市独自の「八戸版職域接種方式」を導入し、多くの市民の早期接種につなげる狙い。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。